たるみと加齢と化粧品

たるみと加齢と化粧品

「たるみ解消法」のページです。

ページの先頭へ戻る

たるみを解消するには?〜スキンケア編〜たるみを解消するには?〜スキンケア編〜

肌のたるみ対策には、毎日のスキンケアが重要です。

スキンケアの使い方、選び方を工夫することで、肌のたるみを解消することができます。

まずはたるみに効果的なスキンケア選びをしましょう。

たるみには保湿成分が豊富に配合されている商品や、ハリの元となるビタミンCが配合されている商品を選びましょう。

スキンケアは1回でたっぷり使うことが大切です。少量では効果は期待できません。毎日続けることができる値段のものを選びましょう。

スキンケアの使い方は、基本として「擦らずに軽く叩きこむように」というイメージで使います。

指の腹と肌の間に摩擦が生じてしまうとたるみの原因となります。有効成分を肌に染み込ませるように、軽く叩きこむように使いましょう。

たるみを解消するには?〜生活習慣編〜たるみを解消するには?〜生活習慣編〜

たるみを解消するというとスキンケアに意識がいってしまいがちですが、普段の生活習慣も肌のたるみの大きな原因となります。

たるまない健康的な肌を作るためには、皮膚を作るたんぱく質、ハリを作るコラーゲンやビタミンCが必要となります。

これらの栄養素は血液に乗って肌に届けられます。つまり、血行不良となると肌に栄養素が行き届かなくなり、たるみを始め様々な肌トラブルに繋がってしまいます。

血行不良を防ぐためには、規則正しい生活、充分な睡眠、適度な運動などが効果的です。

また、毎日の入浴でしっかりと身体を温めるのも良いでしょう。湯船に浸かると身体がほぐれ、ストレス解消にも繋がります。

寝る前のストレッチも血行促進に繋がります。ストレッチをすることで眠りに入りやすくなり、良質な睡眠がとれます。

たるみを解消するには?〜生活習慣編〜お箸を使って口元のたるみを解消しよう!

家で簡単にできる口元のたるみ解消法の一つに、お箸を使ったエクササイズがあります。

いつも使っているお箸や使い捨ての割りばしでできるので、お金をかけずに気軽にできます。

まず、お箸を横にして前歯でくわえます。しっかりとくわえたら上唇と下唇でお箸を挟み、ぴったりと閉じます。

そのまま唇をできるだけ横に引きます。この状態で5秒間キープしましょう。

次に、横に伸ばした唇を上に持ち上げ、口角をできるだけ上にあげます。笑顔を作るようなイメージで行うと上手くできます。この状態で5秒間キープしましょう。

これを1セットとして、1日5〜6回行うと、口元のたるみ解消に効果が期待できます。

また、毎日続けることで口元だけでなく、顔全体のリフトアップにも繋がります。

Copyright (c) 2014 たるみと加齢と化粧品 All rights reserved.